So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2月の雇用統計から相場を分析!!日経225先物、株価はどう動く?解説

こんにちは、今日は、2月の雇用統計の結果を受けての分析をします。一緒に分析及び相場の方向性を考えてみましょう。

unnamed (1).jpg


雇用統計の内容



予想:19万人
結果:15.1万人

スポンサーリンク



マイナス4万人って・・・・。
ものすごい悪い数値でしたね。このマイナスは久しぶりです。

しかも、3月の雇用統計のマイナス見直しになりました。

2月の雇用統計を分析


この時期は、冬相場ですので、季節的に雇用が伸び悩みます。しかし、めったにこんな数字にはなりませんが…ドル円は雇用統計発表後、上下に振れましたが、結果変わらずでした。

しかし、今回の発表は、アメリカの利上げペースを鈍化させるものかもしれません。利上げがなければNYダウは上がる可能性がありますが、ドル円は円高に振れます。
また、2015年6月(チャイナショック前)にFOMCは利上げをしませんでした。

その時に相場がどう動いたか覚えていますか?

そうです。混乱しました。
アメリカ景気いいのに利上げしない。これって、「実は景気悪いのでは?」と投資関係者が解釈したことによって上下に振れる不安定に動きになりました。

日経225先物の今後の方向


上昇要因
 アメリカの利上げ(円安)
 NY株の上昇?
下落要因
 上海総合指数の急落
 原油価格の急落
 日本のマイナス金利導入

以上の事をすべて考慮するとマイナスの要因が大きいと思います。
それに加えて、今回の雇用統計の結果。

2月は下落すると想定します。
今後も毎日2回無料でシグナルを配信いたしますので、応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

日経225ミニ先物ランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。